04 << 2017/05 >> 06
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

美しい絵画に魅せられて。 
芸術の秋と呼ぶには、ちょっと暑い気候ですが
そろそろ涼しくなりそうですね~

ず~~っと、我慢していた【大エルミタージュ展】やっと
行ってきました。

名古屋市美術館での展示も残すところ、数えるほどになってしまいました。

最終期は大体、混雑しそうなので
ここは家事を頑張って、午前中ぎりぎりには入館しようと張り切っていました。

お昼の用意も、ホットドック作っておいてお先に食べていきますね~♪と、
朝の10:30ぐらいには頂きまして
準備をして急いで地下鉄に乗り込みましたわ。爆


到着したのはギリで11:30ぐらい。

名古屋市美術館

あら~全然大丈夫みたい?

チケットは前もって、セブンイレブンで購入してあったので
即入りました。

館内はちょっと多めでしたが、それでも89点もの作品をじっくり見て周るには
充分余裕があって良かったです。

16世紀~20世紀までそれぞれテーマが分かれていて
ロシアのエルミタージュ美術館のお宝が充分、堪能できます。
どの作品も大きいので遠くから眺めても素敵ですが
近くまで言ってじっくりみると、これまた迫力があります。
当時のドレスの布やリボンの質感、風景の光と影、、、
ため息が出ちゃうぐらい美しかった【蟹のある食卓】。
銀食器の美しさやテーブルクロスの折ジワなどあまりにも鮮明で
見入ってしまいます。
クピドの絵が何点かありましたが寓意な描き方がとても可愛かったり
幼少期のキリストも描かれていて感動的でした。
【死の天使】命が途絶えるその背後に映し出される黒い天使の影が迫力ありました。
【少年料理人】なんかも良かったですね。

大好きなモネの、もわっとした【霧のウォータールー橋】。
あの独特のタッチが見事なんでしょうね。
レンブラントの【老婦人の肖像】。
年老いた寂しげな表情がよく表現されています。

シスレーの【ヴィルヌーヴ=ラ=ガレンス風景】や
アンリ・ルソーの【ポルト・ド・ヴァンヴから見た市壁】は
今まで見たことのある作品からも納得のできる風景画でした。
ピカソの【マンドリンを弾く少女】も存在感たっぷり!
彼らの作品のほかの作品も観たかった。

最後の方でお出ましになる【赤い部屋】。
アンリ・マティスという画家の作品らしいですが
今回を代表するとも言える大きな絵画でした。
もともと、青を主体に描いていたそうですが
間際に赤に塗り替えたそうで、ご本人もそれによって
赤がとても美しい色合いになったとご満悦だったそうですね^^
私も自宅のキッチンにこんな絵を飾りたい♪

どうしてもレプリカ欲しくなってしまいます。
出口でちっちゃめの【風景の中のクピド】買ってしまった。


外にでるとすぐ目の前に、名古屋市科学館がそびえています。
名古屋市科学館

まだ、世界一のプラネタリウムは見てませんが
この日はもうエルミタージュでお腹一杯って感じでしたので
そのまま通り過ぎました。 笑

じつは「LoFt」に行って欲しいものがありました。

ベットの掛け布団カバーがサイズと柄でずっと悩んでいて
LoFtに行けばあるんじゃあないかと。。。



ビンゴ!見つかりました。ヾ(*´Д`*)ノ

伏見からの美術館からのLoFtでちょっと足も疲れてしまったので
「ヴィレッジカフェ」に入りました。

コーヒーだけにしようと思ってたけど
ショーケースにタルトがドーンと食べてくれと言っているようで  爆

マロンたると

う~~♦♫⁺♦・*:
私の大好きなマロンです。
このタルトちゃんと暖めてくれるので
タルトの部分はサクサクでほんわりして、誠に美味しゅうございました。

本当に充実したいい一日でございました。

次の日、鬼のような忙しさが待っていましたが。。。・゜・(ノд`)・゜・



名画って、実物やっぱりいいですね。


スポンサーサイト
到着したのはギリで11:30ぐらい。

名古屋市美術館

あら~全然大丈夫みたい?

チケットは前もって、セブンイレブンで購入してあったので
即入りました。

館内はちょっと多めでしたが、それでも89点もの作品をじっくり見て周るには
充分余裕があって良かったです。

16世紀~20世紀までそれぞれテーマが分かれていて
ロシアのエルミタージュ美術館のお宝が充分、堪能できます。
どの作品も大きいので遠くから眺めても素敵ですが
近くまで言ってじっくりみると、これまた迫力があります。
当時のドレスの布やリボンの質感、風景の光と影、、、
ため息が出ちゃうぐらい美しかった【蟹のある食卓】。
銀食器の美しさやテーブルクロスの折ジワなどあまりにも鮮明で
見入ってしまいます。
クピドの絵が何点かありましたが寓意な描き方がとても可愛かったり
幼少期のキリストも描かれていて感動的でした。
【死の天使】命が途絶えるその背後に映し出される黒い天使の影が迫力ありました。
【少年料理人】なんかも良かったですね。

大好きなモネの、もわっとした【霧のウォータールー橋】。
あの独特のタッチが見事なんでしょうね。
レンブラントの【老婦人の肖像】。
年老いた寂しげな表情がよく表現されています。

シスレーの【ヴィルヌーヴ=ラ=ガレンス風景】や
アンリ・ルソーの【ポルト・ド・ヴァンヴから見た市壁】は
今まで見たことのある作品からも納得のできる風景画でした。
ピカソの【マンドリンを弾く少女】も存在感たっぷり!
彼らの作品のほかの作品も観たかった。

最後の方でお出ましになる【赤い部屋】。
アンリ・マティスという画家の作品らしいですが
今回を代表するとも言える大きな絵画でした。
もともと、青を主体に描いていたそうですが
間際に赤に塗り替えたそうで、ご本人もそれによって
赤がとても美しい色合いになったとご満悦だったそうですね^^
私も自宅のキッチンにこんな絵を飾りたい♪

どうしてもレプリカ欲しくなってしまいます。
出口でちっちゃめの【風景の中のクピド】買ってしまった。


外にでるとすぐ目の前に、名古屋市科学館がそびえています。
名古屋市科学館

まだ、世界一のプラネタリウムは見てませんが
この日はもうエルミタージュでお腹一杯って感じでしたので
そのまま通り過ぎました。 笑

じつは「LoFt」に行って欲しいものがありました。

ベットの掛け布団カバーがサイズと柄でずっと悩んでいて
LoFtに行けばあるんじゃあないかと。。。



ビンゴ!見つかりました。ヾ(*´Д`*)ノ

伏見からの美術館からのLoFtでちょっと足も疲れてしまったので
「ヴィレッジカフェ」に入りました。

コーヒーだけにしようと思ってたけど
ショーケースにタルトがドーンと食べてくれと言っているようで  爆

マロンたると

う~~♦♫⁺♦・*:
私の大好きなマロンです。
このタルトちゃんと暖めてくれるので
タルトの部分はサクサクでほんわりして、誠に美味しゅうございました。

本当に充実したいい一日でございました。

次の日、鬼のような忙しさが待っていましたが。。。・゜・(ノд`)・゜・



名画って、実物やっぱりいいですね。


スポンサーサイト
おでかけ

comment(2) | trackback(0)
<< 至福のスィーツ。 | Blog top | 暑いときはやっぱり! >>
コメント

こんにちは。
先週末は名古屋の方に行きました。
マリオットに泊まって、
初日は中津川、
二日目は知多半田
三日目は常滑
と小さな街を時間をかけてゆっくり
回ってみました。
そういえば、半田に中埜さんの旧宅を
使ったカフェがありましたよ。
【2012/09/25 19:27】| URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集] |
君平さんへ
こんばんは。
マリオットからの夜景はどうでしたか?^^
中津川は栗の季節、何か美味しいもの召し上がりましたか?
常滑の町並みとっても好きです。
半田のほうは行ってみたいと思いますが
なかなか実現できてません^^;
ミツカンさんのお店とかいい感じでしょうね♪
【2012/10/15 20:35】| URL | mi3mi #r.UXYGJg[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mi3mi3mi.blog100.fc2.com/tb.php/403-8879504d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 | Blog top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。